まーめん 1袋(33g×3食入り)

商品ID: MHV01

SOLD OUT
価格685(税込)

●注文数

  • まーめん 1袋(33g×3食入り)

商品レビュー

レビューを投稿

まだレビューがありません

送料について

まーめん

特殊製法により、つなぎを一切使用せず大豆のみでつくった無添加の麺です。九州産大豆「ふくゆたか」を100%使用。いつもの主食を炭水化物から大豆の麺に置き換えることで、糖質を抑え、良質なたんぱく質を手軽に摂ることができます。

梱包・送料について

メール便は送料無料です

まーめんについて

菌活に!糖質制限に!健康のための新しい主食! 無添加100%大豆麺/九州産ふくゆたか/高たんぱく質/約82%糖質カット※2 九州まーめん(ゆで100g  乾麺1玉分)とスパゲティ(ゆで100g)との比較 参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂) 低糖質5.1g/高たんぱく質14.9g/そして食物繊維たっぷり!菌活にも「まーめん」がおすすめ!粉なっとう とも相性バツグン!ぜひ食生活へ取り入れてみませんか? 雑誌・メディアで紹介されました! 九州産ふくゆたか100%/大豆だけで作った麺です。/まーめんは大豆100%麺。いつもの主食を置き換えるだけで、手軽に低糖質・高たんぱくな食事ができます。茹で上がると1玉33g→100gになります。糖質カット・高たんぱく九州産・食品添加物無添加だから食べても食べても罪悪感ナシ! いつもの食事をまーめんに。/どんどん糖質カット!主食を置き換えるだけでOK。手軽に糖質約82%カット! どんな料理にもアレンジ自由自在!九州まーめんで低糖質食を楽しもう! まーめんだから、できる!低糖質ダイエット3つのポイント 1.置き換えて糖質カット。まーめんなら、主食として麺料理を楽しみながら手軽に糖質を抑えられます。主食抜きなどの食事制限やシェイクなどのダイエット食と比べて、ダイエット中の満足感が違います。パスタ1玉→まーめん1玉で角砂糖(糖質3g)にすると…約8個分カット! 2.たんぱく質たっぷり!無理な食事制限によってたんぱく質が不足すると、筋肉量や基礎代謝が落ち、痩せにくい体になってしまいます。高たんぱく質な「まーめん」なら、健康的にダイエットをサポートします。パスタ100gに比べて9.1gアップ!お肌の細胞は、たんぱく質でできています。お肌の原料が不足しているのに、お肌がよくなるはずがありません。たんぱく質を毎日摂ることで、お肌はもちろん、髪や爪といった部分にもハリツヤが蘇ることでしょう。「まーめん」は優れた「美容食」でもあるのです。 3.食物繊維たっぷり。大豆100%の九州まーめんは、1玉あたり6gと豊富な食物繊維を含んでいます。これはセロリで換算すると3.75本分にもなります。また、納豆菌は、食物繊維やオリゴ糖と一緒に摂ると良いとされているため、菌活にもぴったりです。粉なっとう とも相性バツグン!粉なっとうをふりかけて食べましょう! 4.自由なアレンジで食事を楽しく。パスタ、ラーメン、そばなど、様々な麺料理を低糖質に楽しめます。単調になりがちな食事もまーめんならバラエティー豊かに。 低糖質ダイエットに!グルテンフリーに!筋トレやボディメイクに! 九州産ふくゆたか100%使用/まーめんの原料は、九州産のふくゆたかだけ。九州の肥沃な大地で、生産者様によりていねいに育てられた、非遺伝子組み換え大豆です。特殊製法によって、つなぎを一切使用することなく、大豆のみを使って無添加の乾麺をつくりました。 大豆の素晴らしい栄養をまーめんで。 大豆タンパク質/大豆イソフラボン/大豆レシチン/大豆サポニン/マグネシウム/カリウム/亜鉛/カルシウム/鉄分/ビタミンB群・E/食物繊維 食品添加物無添加/まーめんは、つなぎやかんすいなどの食品添加物を使わずに作った大豆麺。もちろん、グルテンも一切含まれていません。 超カンタン!まーめんの茹で方/フツフツ状態のお湯で10〜14分茹でるだけでOK。細かな泡がプクプク出るくらいのお湯で、ゆっくりとお好みの固さに茹でてください。/重曹でおいしさアップ!茹で時間もカット!お好みで、お湯1ℓに対して重曹を小さじ1/2加えてください。麺がツルツル食感に仕上がり、さらに通常より4分ほど早く茹で上がります。料理やお好みに合わせて
調整してください。 大豆の麺、味はどうなの?もちろん、小麦の麺とは、味や食感が違います!小麦麺よりしっかりした食感と大豆の風味を感じます。ツルツルもっちり!というわけにはいきませんが、大豆を脱脂することで酸化を抑え、やわらかく甘みのある風味に仕上げています。製造段階から工夫を施し、徹底的に味と食感にこだわりました。日頃から「大豆食品」を食べている方からは…「大豆なのに、ここまでおいしくできるとは!」「大豆臭さがなくて食べやすい!」大変ご好評をいただいております!まーめんは「茹で」がポイント!やわらかくなるまでがコツ!茹で時間が足りないと、繊維感が残った「硬い食感」に仕上がってしまいます。沸騰寸前の温度で、ゆっくりと茹で上げるのがコツ。麺のコシがなくなるまで、じっくりと茹でてください。本当はもっと柔らかくなるのに、待ちきれずに食べてしまい、おいしくない……ということだけは避けましょう! まーめんなら楽しみ方いろいろ!超基本、まずは、ざるそばで食べる。薬味とめんつゆさえあれば、あとはまーめんを茹でるだけ!火加減にさえ注意すれば基本の茹で方はカンタンです。早速、挑戦してみましょう! 粉なっとうもふりかけて食べましょう!めんつゆ、ざるそばの応用でぶっかけ感覚でトッピング!レモン+ささみ+ねぎ:ささみでタンパク質を強化!キムチ+納豆+刻み海苔:おなかに嬉しい食材がたっぷり。お好みでゴマ油も!梅+オクラ+大葉:さっぱり和風も美味しい♪暑い日にぴったり! お手軽派の方に!レトルトや冷凍食品で。かけて合えるだけでトマトパスタやカルボナーラのできあがり!/即席スープで。とんこつラーメンやちゃんぽんに。ネギやチャーシューを加えてボリュームアップ!/カップスープで。トマトやじゃがいものポタージュ。えびのビスクやクラムチャウダーも!/いつものおかずをトッピング。カレー、マーボー豆腐をのっけて食べ応えたっぷりに! こだわり派の方に!まーめんで手作り低糖質レシピ!/まーめんビビン麺:ピリ辛ながらさっぱり食べられるビビン麺。まーめんなら低糖質・グルテンフリーで楽しめますよ。/まーめんペペロンチーノ:オリーブオイル・塩・にんにくを効かせたシンプルアレンジ。ピリッと辛い鷹の爪がアクセントです。/まーめん焼きそば上海風:ソース焼きそばとはひと味違う!醤油とオイスターソースの旨味が異国情緒たっぷりでクセになる上海風焼きそばです。 まーめんレシピまだまだ紹介中! 食事を楽しみながらおいしく糖質カット おいしく楽しめるレシピが1冊に!九州まーめんレシピブック 食べてもOK!低糖質ダイエット始めませんか? いつものご飯を、まーめんに。どんどん糖質カットしよう! 低糖質ダイエットQ&A なぜ?低糖質ダイエットがいいの?低糖質(炭水化物)ダイエットとは、食事の糖質(炭水化物)を制限することで、体脂肪をより効率良く燃やすことができるダイエットです。その効率の良さから、大変注目されています。/なぜ?効率がいいの?普段、ごはんやパンなどの糖質(炭水化物)を多く含む食品を摂っている場合、人間のカラダは、その「糖質」をエネルギーにして活動します。しかし、糖質をおさえた食事を続けることで、体内の糖質が無くなると、人間のカラダは「体脂肪」をエネルギーに変えて活動し始めます。体脂肪をエネルギーとする場合、燃焼効率(燃費)が悪く、通常より多くのカロリーを消費します。そのため、糖質を摂っている時と同じ運動をしていても、体脂肪をさらに多く消費することができます。低糖質ダイエットは、私たちのカラダの仕組みを利用して体脂肪をより効率良く燃やし、高い効果を上げることができる方法なのです。/なぜ?何も食べないダイエットはダメ?何も食べずにカロリー(エネルギー)が入ってこないと、人間のカラダは本能的に飢餓の危機を感じてエネルギー消費を抑えるようになり、生命維持に備えます。ビタミンやミネラルといった栄養素も不足するため、基礎代謝が落ちて痩せにくい状態になってしまいます。また、一時的に体重が落ちても、そのあとに食事を再開すると、飢餓状態となっていたカラダは一気に多くのカロリーを取り込もうとするため、「リバウンド」が起こりやすくなります。そのため、何も食べない過度な食事制限を行うダイエットは、カラダにとって負担が大きい上に逆効果となってしまいます。/なぜ?たんぱく質に置き換えるの?単に糖質やカロリーを制限すると、たんぱく質の摂取量が大きく落ちてしまいます。私たちのカラダは、主にたんぱく質で構成されています。そのため、たんぱく質の摂取量が落ちると、筋肉量が減り、基礎代謝が落ちていきます。その結果、カロリーが消費されない、痩せにくいカラダになってしまい、ダイエットには逆効果となります。それを防ぐため、糖質の替わりにたんぱく質を摂取して、筋肉量と基礎代謝を維持することが、健康的なダイエットとしてベストなのです。まさに、まーめんは、理想のダイエット食品と言えます。/なぜ?たんぱく質は美容にもいいの?私たちのお肌は、たんぱく質でできています。美容成分として知られているコラーゲンも、実はたんぱく質の一種です。しかしヘルシーな食事を好む女性は、日常的にたんぱく質が足りていないと言われています。基本となる栄養が不足しているのに、お肌がよくなるはずがありません。まーめんは、1食でたんぱく質を14.9g摂取できます。これだけのたんぱく質を毎日、主食として摂ることができれば、体の隅々まで栄養が届き、お肌はもちろん、髪や爪といった部分にもハリツヤが蘇ることでしょう。まーめんは今までの主食とはまったく違った、優れた「美容食」とも言えるのです。 さらにおいしい茹で方はコチラ! レシピをもっと見る